懇親会で転倒した自民・宮腰氏が謝罪 「認識甘かった」

田添聖史
[PR]

 昨年12月に富山市内であった懇親会で酒を飲んで転倒し救急搬送された自民党宮腰光寛衆院議員(70)=富山2区=が4日、自民党富山県連の年始の会合に出席し、「認識が甘かった。おわび申し上げたい」と謝罪した。その後の報道陣の取材に「忙しい時期に、医療関係者の皆様に大変な迷惑をかけた」などと述べた。

 宮腰氏は、県内で新型コロナウイルスの感染拡大警報(富山アラート)が出ていた12月25日夜、富山市内のホテルであった県内水面漁業協同組合連合会の関係者ら約30人が集まる懇親会で転倒し、右目の上を切って出血。救急搬送され、翌日朝に退院していた。

 次期衆院選に向けては「厳しい反省の上に立って、全力投球で前に進んでいきたい」と、9選の意欲を示した。(田添聖史)