渋谷のタクシー暴走、死亡は49歳女性 男児と母が重傷

[PR]

 東京都渋谷区笹塚1丁目の甲州街道で4日、横断歩道上の歩行者6人がタクシーにはねられて死傷した事故で、警視庁は5日、死亡したのは同区笹塚3丁目のアルバイト佐藤優子さん(49)と判明したと発表した。けがをしたのは小学3年生の男児(9)と40代の母親、20~40代の男女3人の5人で、少なくとも男児と母親が重傷だという。

 タクシーを運転していたのは東京都世田谷区新町1丁目の相沢平次運転手(73)で入院しており、回復後に自動車運転処罰法違反の疑いで調べる。

 現場は京王線笹塚駅近くの片側4車線の直線道路。代々木署によると、立体交差の高架部分を下りたタクシーが横断歩道上の歩行者をはね、ボンネットに被害者の1人を乗せたまま約200メートル走行を続けた。タクシー側の信号が赤だった可能性が高く、署は相沢運転手の意識がはっきりしていなかったとみて調べている。