[PR]

 日本相撲協会は5日、横綱白鵬(35)=本名白鵬翔、モンゴル出身、宮城野部屋=が新型コロナウイルスに感染したと発表した。3日に嗅覚(きゅうかく)異常の症状が見られたため、4日にPCR検査を受け、5日朝に陽性が判明したという。

 大相撲初場所は10日に初日を迎える予定。コロナ禍の中、昨年末には荒汐部屋で師匠や関取らの集団感染が起き、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は、荒汐部屋勢の初場所出場について「厳しい状況」との見通しを示している。この時期に感染がわかった白鵬も初場所の休場が濃厚とみられる。