第5回顔は言う、言葉も感情も超えた何かを コロナ禍の気づき

有料会員記事ニュース4U

加治隼人
【動画】記者が「顔」に向き合う旅に出た=加治隼人、長島一浩撮影
[PR]

 マスクで顔が半分隠れたままの名刺交換。言動でイメージを膨らませていたのだが、のちに素顔をみて意表を突かれる。私たちは顔から相手の何を感じ取っていたんだろうか。コロナ時代で戸惑い続きの記者が、答えを探した。

     ◇

 東京の下町の一角にあるアトリエ。足を踏み入れ、思わず身構えた。人間……。いや、よくできた仮面だ。おそるおそる手に取り、ゆっくり自分の顔にあてた。

 「それは僕の知り合いの社長の顔です」。特殊メイクアーティストのAmazing(アメージング) JIRO(ジロー)さん(45)は数々のテレビ番組やCM、映画で作品を手がけてきた。

 鏡をのぞくと、見知らぬ男性がいる。自分が別の人間の体を動かしているような奇妙な感覚に陥る。自分と他人の境界線が揺らぐ――。

特殊メイクでも表現できないもの

 JIROさんは2018年夏、那覇市でお化け屋敷を開いた。お化けはみな、のっぺらぼう。リタイアする人が続出したが、のっぺらぼうは今の時代を反映したような存在だという。「ネット上のやり取りも相手の顔が見えない意味では、のっぺらぼう。相手は別の人かも知れない。結構怖いことじゃないかと思うんです」

 SNS全盛だからこそ、顔が見える関係に意味を感じるのか。思いを巡らせていると、興味深いことを教えてもらった。

ひとは顔から何を感じ取る?

記事の後半では、絵本や仏像の世界からもヒントを探ります。

 「特殊メイクで表現できない…

この記事は有料会員記事です。残り1932文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
#ニュース4U

#ニュース4U

「#N4U」取材班が読者の皆さんから身近な疑問や困りごとを募集し、SNSで情報交換しながら深掘り取材します。[記事一覧へ]