[PR]

 乗用車を逆走させて対向車3台が絡む事故を起こし、6人に重軽傷を負わせたとして、福岡県警は5日、佐賀県吉野ケ里町立野、陸上自衛官矢野裕太郎容疑者(26)を自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 粕屋署によると、矢野容疑者は昨年11月6日午後11時ごろ、福岡県古賀市今の庄3丁目の国道3号で乗用車を約100メートル逆走させ、対向車線を走行していた歯科助手の女性(19)=北九州市八幡西区=、会社員男性(46)=山口県宇部市=の軽乗用車2台に次々衝突した。さらに女性の車に後続の男子大学生(21)=福岡県筑紫野市=の乗用車が衝突。この3人と同乗者3人に胸骨骨折などの重軽傷を負わせた疑いがある。

 矢野容疑者は福岡県警のパトカーが赤色灯を回したのに気づき、逆走したという。自らも頭にけがをした。「スピード違反で検挙されると思い逃げた」と供述しているという。