[PR]

 Q 16日に大学入学共通テストが始まり、受験シーズンが本格化します。受験生が新型コロナに感染したり濃厚接触者とされたりしたら、どのように対応すればよいですか。

 A 感染が判明した場合は、快復するまで、共通テストも個別試験も受けることはできません。

 共通テストの場合は、受験票の「問合せ大学」に電話して状況を伝え、追試験を受けてください。追試験は、第1日程(16、17日)を受ける予定だった人は第2日程(30、31日)で、第2日程を予定していた人は特例追試験(2月13、14日)で受けます。第2日程で追試験を受けることができる試験会場は、全都道府県の63カ所です。特例追試験の会場は東京芸術大と神戸大のみです。

 保健所から濃厚接触者と認定された人は、試験前日の午前10時までに、「問合せ大学」に連絡してください。条件を満たせば共通テストを受験することができます。自治体によるPCR検査が陰性で、かつ試験当日も無症状であることが条件で、公共交通機関を使わずに試験場に行けば、他の受験生とは別室で受験することができます。

 文部科学省は各大学に対して、個別試験でも同じような対応を検討するよう求めています。しかし、大学によって対応が異なる場合があります。感染が判明したり、濃厚接触者に認定されたりした場合は、受験する大学にすぐに連絡をとり、どのようにしたらいいか指示を受けてください。(増谷文生)

     ◇

 まえだ・ゆきのぶ 文部科学省高等教育局の大学入試室長。2019年12月に着任、大学入学共通テストなど大学入試を担当する。

     ◇

 朝日新聞デジタルはコロナ禍の中で受験に挑む皆さんを応援するため、1月8日以降配信の受験関連の記事を当面の間、原則無料で公開します。