[PR]

 トロッコ電車で知られる黒部峡谷鉄道(富山県黒部市)が、同市内の本社車庫内で、分解点検中の機関車を見学できる初めての「車庫見学会」を10日から始める。おなじみのオレンジ色の電気機関車などがずらりと勢ぞろいし、車体からはずされた動輪やパンタグラフなどの部品が所狭しと並ぶという。

 見学会は、2月28日までの日曜と祝日のみ(2月11日を除く)の計10日で、午前10時からと午後1時からの1日2回。各回16人。危険を避けるため、整備作業のない日祝をあて、見学日は整備担当員が解説役を務める。

 参加費は中学生以上2千円、小学生千円、未就学児は無料。小学生以下は保護者同伴。開催日の原則5日前までに電話で申し込む(先着順)。申し込み、問い合わせは車庫見学会係(平日午前9時半~午後4時半、0765・62・1800)。空きがあれば当日の申し込みも可(午前9時~午後1時、080・5356・4489)。(高津守)

関連ニュース