タクシー運転手、事故前にくも膜下出血か 渋谷6人死傷

有料会員記事

贄川俊
[PR]

 東京都渋谷区笹塚1丁目の甲州街道で4日夜、横断歩道上の歩行者6人がタクシーにはねられて死傷した事故で、タクシーを運転していた相沢平次運転手(73)=世田谷区新町1丁目=が事故前、くも膜下出血を起こしていた疑いがあることが5日、捜査関係者への取材でわかった。ドライブレコーダーにうつむいたり体を揺らしたりする姿や、蛇行運転をする様子が記録されていたという。

 現場は京王線笹塚駅近くの片側4車線の直線道路。代々木署によると、立体交差の高架部分を下りたタクシーが横断歩道上の歩行者をはね、約200メートル走り続けた。タクシー側の信号が赤だった可能性が高いという。相沢運転手は現在入院治療中で、署は回復後に自動車運転死傷処罰法違反の疑いで事情を聴く方針。事故の直後は「高血圧の薬を飲んでいた」などと話していたという。

 この事故で、タクシーにはねられた渋谷区笹塚3丁目のアルバイト佐藤優子さん(49)が死亡した。けがをした5人は小学3年生の男児(9)と40代の母親ら4人が脳挫傷や骨盤骨折などの重傷、別の1人が顔面打撲だった。命に別条はないという。

健康悪化の事故、5年で2.7倍に

 国土交通省によると、トラックやバス、タクシーの運転中、健康状態の悪化による事故が起きたり、運転中断となったりした件数は、2018年に363件(事業者からの報告による)。13年の135件から5年で約2・7倍に増えた。

 ただ、このうち心疾患や脳疾…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。