飲食店対策というけれど… 緊急事態、思わぬ業界に波紋

有料会員記事新型コロナウイルス

増山祐史、伊木緑、大山稜
[PR]

 飲食店に集中した対策というけれど――。7日にも決まる新型コロナ緊急事態宣言。その余波は、思わぬ業界にも広がりそうだ。「また客が減るのか」「協力金は出ないのか」と、店主らは対応に苦慮する。

 「やっと客が戻ってきたのに、また離れてしまう」。東京・池袋のライブハウス「アブソルートブルー」代表の星川あゆみさん(54)は、再び緊急事態宣言が出されることに不安を募らせる。ジャズやブラックミュージックを聴かせる場として、6年前から営業してきた。

 菅義偉首相や首都圏の知事らの言いぶりから、営業時間の短縮を求められるのは「飲食店」というイメージが強い。だが、ここでは酒も出しており、8日以降はステージを午後8時までに終えるよう求められる。

 昨春の緊急事態宣言では、休業要請の対象に「ライブハウス」が挙げられた。店を2カ月近く休み、無観客のライブ配信でしのいだ。宣言が明けた後は、40人の客が入れるところを半分にし、秋にようやく演奏や客の予約が戻っていた。なのに、再び緊急事態宣言に。

 星川さんは「周りの目も気に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]