78歳運転の車が高速逆走か 衝突され会社員の男性死亡

[PR]

 6日午前0時40分ごろ、奈良県大和郡山市池沢町の西名阪自動車道上り線で、乗用車が逆走し、軽乗用車とぶつかった。県警によると、軽乗用車を運転していた大阪府八尾市陽光園2丁目の会社員、置田和也さん(35)が死亡。逆走した乗用車を運転していたのは、奈良県斑鳩町の男性(78)とみて調べている。

 県警高速隊によると、事故当時、現場付近を走っていた他の車の運転手から「正面衝突している車がある」と110番通報があった。現場は片側2車線の直線道路で、事故の状況から、逆走した乗用車が追い越し車線で軽乗用車と衝突したとみられる。いずれの車も同乗者はいなかった。

 乗用車の男性も頭などを打って病院に搬送された。県警は回復を待ち、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死)の疑いで事情を聴く方針。

 この事故で、西名阪道は上り線の郡山―法隆寺インターチェンジ間が約2時間半、通行止めになった。