[PR]

年が明け、いよいよ受験シーズンを迎えました。16日には大学入学共通テストが始まります。各界で活躍する受験経験者や、さまざまな分野で学びを深めている現役大学生・大学院生たちからの、受験生へのメッセージを随時お届けします。

受験する君へ お笑い芸人の小島よしおさん

 高校3年の夏までは野球に打ち込んでいました。勉強の成績は全然良くなかった。当時から芸能に興味があったので、野球部の引退後はオーディションを受けたりしていて、大学受験を決めたのは冬ごろです。車がほしかったんですけど、母親から「大学に入ったら頭金を出してあげる」と言われて、それに釣られて、受験を決めました。

 「想定通り」浪人が決まり、早稲田大を目標にしました。周りを驚かせたかったからです。高校の社会では政治経済を選択していたので、それで受験できる学部があるなかでトップクラスなのが、早稲田でした。

 とはいえ、切羽詰まらないと走り出せない自分の集中力を考えると「1年もたないな」と。逆算し、夏ごろまでは、アルバイトをしながら単語や暗記ものを中心にやりました。ただ、過去問には春からとりくみました。先に傾向をつかみ、必要な「筋肉」を効率的につけ、何度も解いて点数を上げていくことで自信を高める作戦です。そして、いよいよお尻に火がついた夏以降は、1日16時間くらい勉強しました。

浪人時代の経験、芸人人生にも生きた

 あえて、仲のいい友だちがいない遠くの予備校に通いました。お金がなかったこともあり、授業は週1コマだけ。あとはひたすら自習室で勉強しました。わりと好きだったんです、1人で黙々とやるのが。

 目標を定め、自分の性格に合った計画を立て、寄り道せずにまっすぐ走れるような環境をつくる。そういうスタイルの基礎ができあがったのは、この浪人時代ですね。その後の芸人人生にも、このときの経験がすごく生きています。

 今年の受験生は、新型コロナもあり、何かと「大変だ」と言われますよね。でも、「大変だ」「不利だ」と思ってしまうと、どうしてもそっちにマインドが引っ張られていくと思うんです。周りの大人たちも、あまり「大変だね」「気の毒な世代だね」と言わないであげてほしい。僕も、めちゃくちゃ忙しいときに「しんどいよね」「寝る暇ないでしょ」と言われるより、「何が楽しかった?」「誰と共演できたのが一番うれしかった?」とポジティブに聞いてもらったほうが、気持ちが上がるので。

 「大変だね」より、「条件はみんな同じ」「これだけ頑張ってきたのだから大丈夫」とプラスに考えてほしいし、声をかけてあげてほしいです。学校や地域によって、不公平な部分はあるかもしれない。でも、あえてそれは言葉にせず、プラス思考でいたほうが、力を発揮できると思います。

 いま教育にすごく興味があります。ちょうど「スウェーデンの小学校社会科の教科書を読む」という本を読んでいるんですが、「交通量が増え、子どもの登下校が危ない。横断歩道に信号をつけると渋滞を招く。さあ、どうする?」といった問いかけや、「デモをしてみよう」「SNSで政治家にメッセージを送ろう」といった実践的な学びのきっかけがたくさんあるんです。

 子どものうちから「おかしい」と思うことには声を上げていい、そのための手段がある、と学ぶのはとてもいいことだと思うし、スウェーデンの投票率が高いのも、こういう教育が影響しているのかなと思います。大学時代はお笑いに夢中で、授業中もネタを書いたりしていたので、教育学部出身といっても正直何を学んだのか思い出せないし、教員免許もとれませんでした。でも、いまはいろいろな国の教育についてもっと知りたいし、いつか自分の発信にもつなげられたらいいなと思っています。(聞き手・三島あずさ)

     ◇

〈こじま・よしお〉お笑い芸人。1980年、沖縄県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。2007年、海パン一丁で「そんなの関係ねえ!」と叫ぶネタで大ブレーク。新型コロナで全国一斉休校となっていた昨春に始めたユーチューブチャンネル「おっぱっぴー小学校」が話題に。

     ◇

 朝日新聞デジタルはコロナ禍の中で受験に挑む皆さんを応援するため、1月8日以降配信の受験関連の記事を当面の間、原則無料で公開します。