米ジョージア州で上院選決選投票 過半数、どちらの党か

ワシントン=園田耕司
[PR]

 米南部ジョージア州で5日、上院2議席をめぐる決選投票が行われた。その結果次第で、民主党共和党のどちらが上院を掌握するかが決まり、バイデン次期大統領の政権運営に大きな影響を与えることになる。

 11月の米大統領選と同時に行われた上院選で、ジョージア州では補欠選挙の議席の改選を含めて2議席が争われた。どの候補も総得票の50%以上を獲得することができず、州法の規定によって決選投票が行われることになっていた。

 上院は法案採決のみならず、閣僚や判事といった大統領指名人事の承認権、条約批准同意権など強い権限がある。現状では定数100のうち共和党50、民主党48で、どちらも過半数に届いていない。共和党が今回の決選投票で1議席以上を獲得し過半数を握れば、バイデン氏は常に同党の一部の賛同を得なければ、政策や人事を進めることができなくなる。一方、民主党が2議席獲得すれば、50議席ずつとなり、その場合は副大統領が可否を決めるため、バイデン氏共和党の賛同なしで政権運営が可能となる。

 民主、共和両党はジョージア州の決選投票を最重要選挙と位置づけ、バイデン次期大統領、トランプ大統領も4日、直接現地入りし、各党の候補者を支援してテコ入れを図った。(ワシントン=園田耕司)