北朝鮮で党大会が開幕 正恩氏「目標、途方もなく未達」

有料会員記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 北朝鮮の首都・平壌で5日、朝鮮労働党の第8回党大会が開幕した。朝鮮中央通信が6日に伝えた。党大会は北朝鮮の最高指導機関で、金正恩(キムジョンウン)体制下での開催は2016年5月以来、2回目。新たな国家経済発展5カ年計画や核ミサイル開発の方針、米国のバイデン政権発足をにらんだ対外戦略などが示されるとみられる。

 同通信によると、党大会は5日午前9時、金正恩党委員長が開会を宣言。司会は前首相の金才竜(キムジェリョン)党副委員長が務めた。

 正恩氏は開会の辞で、前回党大会からの約5年間を振り返り、「最悪の状態が続いた難局」のなかで、北朝鮮の対外的地位は「非常に高まった」と評価した。一方、昨年までの国家経済発展5カ年戦略は「掲げた目標はほぼ全ての部門で途方もなく未達となった」と失敗を認めた。今回の党大会を通じて「欠点を大胆に認め、二度とそのような弊害が繰り返されないようにする断固たる対策を立てるべきだ」と求めた。

 また、非常設中央検閲委員会…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。