写真・図版

[PR]

 ランニングは好きなのだが、なかなかまとまった時間がとりにくい。そこで効率よく体力向上の効果が期待できる「インターバル速歩」というウォーキング法があると知り、取り組んでみた。

 インターバル速歩は、ややきつめの早歩きと、ゆっくりとした歩きを3分間ずつ交互に繰り返すというものだ。信号などにつかまらないよう、大きな公園で実際にやってみた。最初の3分間を歩いてみると体温の上昇を感じた。その後にゆっくり歩きをしていると、ふたたび早歩きしようという気持ちが起こってくる。交互に5セットしてみると、少し汗ばむように感じた。これを週4日以上繰り返すと、体力の向上などの効果が期待できるという。これなら無理なくできそうだ。

 早歩きのやり方の基本はこうだ。まず背筋を伸ばす。25メートルほど前の方を見ながら歩く。足を踏み出すときはできるだけ大股にして、かかとから着地する。ひじは直角に曲げて大きく振る。こうすると大股で歩きやすくなる。

 早歩きのスピードも重要なポイントだ。歩いていて「ややきついな」と感じることが大切。5分ほどで息がはずみ、10分で少し汗ばみ、15分ですねに軽い痛みを感じる程度が目安だという。

運動にベストな時間帯は

 インターバル速歩を提唱している能勢博・信州大学特任教授に、一般の人からよく受ける質問への回答を教えてもらった。

 まず時間帯について。運動トレ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら