[PR]

 新型コロナウイルス対応の特別措置法に基づく緊急事態宣言の前に政府が行う国会での事前報告をめぐり、野党から菅義偉首相の出席を求める声が相次いだ。昨年4月の緊急事態宣言時には安倍晋三前首相が出席したが、今回は与党は菅首相の出席を拒んでいるからだ。野党は、首相が国会で説明する責任があると訴えている。

 「菅首相、もう少し前に出てきて、話をしてほしい。他国のリーダーは率先してテレビや国会に出て、演説し、国民に直接話す機会が多い。首相を隠してメリットは何もない」

 立憲民主党の安住淳国会対策委員長は6日、自民党の森山裕国対委員長との会談後、記者団に語った。

 両氏は7日に衆参両院で議院運営委員会をそれぞれ開き、政府から緊急事態宣言について事前の報告を受けることを決めた。ただ、安住氏は菅首相の出席を求めたが、森山氏は受け入れず、西村康稔経済再生相を出席させる意向だ。

 安住氏は「首相は、Go To キャンペーンを中止すべきだという声にも聞く耳を貸さずにずっと強行してきた。こうした政府の対応が感染拡大につながった。また、首相は年末まで緊急事態宣言の必要性はないと言っていたが、なぜ変わったのか。やっぱり首相が説明すべきではないか」と語った。

 これに対し、森山氏は記者団に「(今回は)延長と何が違うのか。(過去にも宣言は)出されている。それよりも厳しいものにはならないと思っている」と、首相出席を認めない理由を語った。

首相、宣言の発出後に会見か

 参院では、野党の首相出席の要…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら