自宅や屋外などの死者、計122人がコロナ感染 警察庁

新型コロナウイルス

[PR]

 自宅や屋外などで人が亡くなった際に警察が対応した事案で、新型コロナウイルスへの感染が確認された死者が昨年12月までに計122人いたことが警察庁への取材でわかった。このうち56人は12月に亡くなっていた。ただ、直接の死因が新型コロナかわかっていない人も含まれるという。

 医師にかかっていた患者が病死した場合などを除き、人が亡くなった際には事件性の確認などのために警察が出動し、対応にあたっている。

 警察庁によると、感染が確認された122人を年代別に見ると、70代の39人が最多だった。60代は23人、80代は22人、50代は20人、90代は9人。それより若い世代では40代が6人、30代が2人。年代不明は1人だった。

 都道府県別では東京が36人で約3割を占め、大阪(25人)、兵庫(11人)、神奈川(9人)、埼玉(7人)と続いた。

 月ごとの推移を見ると、死者21人の感染が確認された4月を除けば11月までは10人以下で推移していたが、12月に入って56人と急増。このうち、自宅や高齢者施設、宿泊施設などにいて死亡した人は50人、路上など外出先にいて死亡したのは6人だった。死亡する前に感染が確認されていた人は18人、コロナ感染の疑いがあるとして死後にPCR検査をした結果、感染が判明した人は38人いた。

 新型コロナに感染すると、血栓(血のかたまり)ができやすいことが知られている。感染症に詳しいグローバルヘルスケアクリニックの水野泰孝院長は、「急死の原因には、血栓症による脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞が考えられる」と指摘。「心血管疾患のある人や肥満の人は血栓症のリスクが高く、当初の症状が軽くても入院した方がよい」と話す。

 急激な呼吸状態の悪化にも注意が必要で、人工呼吸器などによる集中治療を適切に受けられることが重要だ。医療が逼迫(ひっぱく)し、自宅療養をする人も増えているが、「容体が急変した場合、最後のとりでである地域の基幹病院で治療が受けられる態勢を維持することが大切だ。そのために軽症者はかかりつけ医が対応するなど、医療機関の役割分担を進めていく必要がある」と話す。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]