拡大する写真・図版右が遠隔で検針できるスマートメーター。全国各地で旧来型(左)からの取り換えが進む=金沢市下本多町の北陸電力送配電石川支社

[PR]

 電気使用量を知らせる紙の検針票が届かない――。そんな家庭が増えています。電力大手が次々に、紙からウェブによる通知に切り替えているためです。紙を有料とする社も増え、高齢者らから「困る」という声も出ています。(萩一晶)

 金沢市内の元自動車修理工の男性(68)宅に、「電気ご使用量のお知らせ」の紙が届かなくなったのは昨年4月から。「おかしいな」と思って北陸電力に電話すると、「ウェブ会員サイトによる通知に変わった」として、紙の検針票には月110円(税込み)の発行手数料がかかると告げられた。

 「そんなん断りました。こちらが明細書にまでカネ払うって、おかしいでしょ」

 自宅に古いパソコンはあるがウ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら