[PR]

 大阪府は6日、1日あたりとしては過去最多となる560人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。これまでで最も多かったのは、昨年11月22日の490人だった。また、70~90代の男女10人が亡くなったことも発表。府内の感染者は延べ3万2078人、死者は計629人になった。

 入院中の重症患者は前日より5人多い166人で、確保している病床(236床)の使用率は70・3%。すぐに患者を受け入れられる病床(209床)の使用率は79・4%だった。軽症・中等症患者は838人で、確保している病床(1336床)の使用率は62・7%、すぐに患者を受け入れられる病床(1268床)の使用率は66・1%だった。

 6日に感染が確認された560人のうち約6割が40代以下で、年代別では20代が138人と最も多かった。堺市の医療機関で16人、大阪市の高齢者施設で26人、河内長野市の高齢者施設で7人の感染が判明するなど、新たなクラスターの確認も相次いだ。