「いじめとしか」「脅迫だ」店名公表に罰則…飲食店悲鳴

有料会員記事新型コロナウイルス

矢島大輔、小林太一、笹山大志
[PR]

 新型コロナウイルスの感染者数が最多を更新するなか、政府がコロナ対策の矛先を飲食店に向けている。営業時間の短縮を要請し、応じない店の名の公表や、罰則の導入も検討される。「我々は悪者なのか」「補償が先だ」。店主らからは不満と嘆きの声が漏れる。

 「見せしめ、いじめとしか思えない」。大阪の繁華街・ミナミにある居酒屋の店長の男性(34)は、店名公表が検討されていることへの不満を訴える。

 脂が乗った旬の鮮魚が売りの店は、100席近い広さ。以前は午後11時まで営業し、深夜客も多かった。時短要請に応じてきたが、昨年12月は客が数組の日もあった。12月半ばから、大阪市が閉店を要請している午後9時以降も、店を開けることにした。店を守るための苦渋の決断。だが、匿名の嫌がらせ電話が相次いだ。

 伊勢エビが丸ごと1匹入った…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]