• アピタル

コロナ禍の生活変化「ストレス増」53% 朝日世論調査

[PR]

 コロナ禍がもたらした日常の大きな変化は、どう受け止められているのか。朝日新聞社が新型コロナウイルスをテーマに行った世論調査(郵送)と、インターネット調査から探った。

特集「新型コロナ みんなの考えは?」はこちら

コロナ問題に覆い尽くされる日常について、みんなはどう思っているのでしょうか?朝日新聞社の全国世論調査結果を読み解きます。

 世論調査(郵送)で、新型コロナウイルス感染拡大後の生活の変化を聞くと、ストレスは、53%が「増えた」と答えた。男性の47%より、女性の58%の方が多い。年代別では50代が63%と高めで、女性50代に限ると、71%と特に高かった。「変わらない」は全体で44%、「減った」は1%しかいなかった。

 ステイホームが広がる中、家族と接する時間が「増えた」人は22%。「変わらない」が64%で最も多く、「減った」13%だった。18歳未満の子どもがいる人では、40%が「増えた」と答えた。在宅勤務がしやすいせいか、職業別では「増えた」は事務・技術職層で高く31%だった。

 ストレスと家族との関係を見てみると、家族と接する時間が「減った」人で、ストレスが「増えた」は67%と高かった。一方、家族との時間が「増えた」人も、ストレス増は60%と全体より高い。家族と接する時間が「変わらない」人でストレス増は48%と比較的低めで、生活の変化そのものがストレスに結びついているようだ。

 家族との関係は91%が「変わらない」と答えた。「よくなった」6%、「悪くなった」2%。家族と接する時間が増えた人に限っても、関係が「よくなった」は21%で「変わらない」が76%だった。

 一方、家族以外の人と接する時間は「減った」が72%にのぼった。「変わらない」26%、「増えた」1%。東京では82%が「減った」と答えた。家族以外との関係は「変わらない」93%。ただ、「悪くなった」も5%いて、「よくなった」1%より多かった。

オンライン○○ 私用は対面求める傾向

 昨年の新語・流行語大賞のトップテンに入った「オンライン○○」。朝日新聞社の世論調査(郵送)で、どこまで普及し、受け入れられているのかを聞いた。

 選択肢を七つ挙げ、新型コロ…

この記事は有料会員記事です。残り568文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]