検事の自殺「上司の叱責引き金」 両親、公務災害申請へ

西晃奈
[PR]

 広島地検公判部の男性検事(当時29)が2019年12月に自殺したとして、両親が近く公務災害を申請することが弁護士への取材で分かった。男性は死亡前、上司から叱責(しっせき)されたことを気にしていたという。同地検は取材に対し、男性の死亡は認めたが、詳細については「回答を差し控える」としている。

 両親の相談を受けているという橋詰悠佑弁護士によると、男性は19年12月10日、広島市内の自宅マンションで死亡した。部屋には「検察官にあるまじき行為をして申し訳ありません」と書かれたメモが残されていたという。

 橋詰氏は当時、男性と同じ広島地検公判部の検事で、昨年7月に退職。男性は死亡する約1週間前、上司の決裁を受けた後に「机をたたきながら『司法修習生以下だ』と言われた」と話していたという。さらに男性は同じころ、知人へのLINEで「検事になったの間違ったかな」「色々疲れたわ」と送っていたという。

 両親は昨年1月、「死亡の原因は分からない」とする検察の内部調査結果を伝えられたが疑問を持ち、「何があったか知りたい」と申請を決意したという。

 橋詰氏は「彼の勤務時間は当時の公判部で最長だったのではないか。業務過多がベースにあり、上司からの叱責が自殺の引き金になったと思う」と話した。

 広島地検の横井朗次席検事は6日、取材に対し「19年12月に現職職員が亡くなったことは事実。残念に思っている」と話した。(西晃奈)