[PR]

 清里フォトアートミュージアム(山梨県北杜市高根町清里)は、ホームページ(https://www.kmopa.com/virtual/別ウインドウで開きます)上に「ヴァーチャル美術館」を開設した。

 “第1弾”として、25年前の1995年に開館記念で開催した「25人の20代の写真」展を再現。当時の日本を代表する写真家25人の20代の作品計124点が見られる。

 主な作品は荒木経惟「さっちん」、藤原新也「バラナシの死」、細江英公「おとこと女」、岩合光昭「海からの手紙」、森山大道「パントマイム」、篠山紀信「誕生」、田沼武能「戦後の子供達」、東松照明「家」など。

 開館以来、35歳以下の写真家の作品を買い上げる「ヤング・ポートフォリオ」などで若い写真家を支援してきた。同館では、「いま、青年に何ができるか検討した。この企画や作品から、若者が勇気づけられ、若い写真家の中から後世に残る作品が新たに生まれることを願っています」と企画の意図を説明している。(三ツ木勝巳)

関連ニュース