[PR]

 国立がん研究センターなどの研究チームは、出産時に母親の子宮頸(けい)がんの細胞が子どもに移行し、小児肺がんを発症したケースがゲノム検査で明らかになったと発表した。母親のがんが子どもに移行することは、極めてまれだという。

 センターによると、肺にがんのある1歳と6歳の男児2人について、がんの遺伝子配列を解析。それぞれの母親は子宮頸がんを発症しており、男児のがん細胞には母親のがん細胞に由来する遺伝情報があった。

 生まれる時にがん細胞が混じった羊水を吸い込むことで、子宮頸がんの細胞が子どもの肺に移ったと考えられるという。どちらの母親も、出産時にはがんと診断されていなかった。

 センターによると、胎盤を通る血液で母親のがん細胞が移り、子どもが皮膚がんや白血病になったケースが、これまでに世界で十数例報告されているという。間野博行研究所長は「他人のがん細胞が移ることは通常はないが、まだ免疫系が確立していない乳幼児だったことや、移ったがん細胞が母親由来の細胞であったことから、子どもの体内でがんが大きくなったと考えられる」と話している。

 研究に関する論文は米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」に掲載された。(月舘彩子)