[PR]

 ロシアの反政権活動家アレクセイ・ナバリヌイ氏に対する毒殺未遂疑惑を巡り、プーチン政権の関与を主張する欧米側とロシアの情報戦が激しさを増している。疑惑を否定するロシアは、欧州連合(EU)の制裁への対抗措置を発表するなど態度を硬化させており、対立が深まっている。

 英国の調査報道機関「ベリングキャット」は昨年12月中旬、米CNNやドイツ誌シュピーゲルなどとの共同調査で、ナバリヌイ氏の毒殺未遂にロシア連邦保安局(FSB)の工作員8人の関与が明らかになったと報道した。さらにナバリヌイ氏が当局幹部を装って工作員の1人に電話をし、関与を認めさせたと発表した。

 工作員とされる男が「(ナバリ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら