[PR]

 プロ野球ヤクルト球団は7日、村上宗隆内野手(20)が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。自主トレーニングのために宮崎県に滞在していた6日朝に38度2分の発熱と倦怠(けんたい)感があり、PCR検査を受けたところ、陽性判定を受けた。7日からは滞在中のホテルで隔離中で、今後は所轄の保健所の指示に従う。

 また、村上選手と合同で自主トレーニングしていた青木宣親、西浦直亨、塩見泰隆、宮本丈、中山翔太の5選手が濃厚接触者と認定された。宿泊先のホテルで隔離中で、7日にPCR検査を受ける予定。チームスタッフ1人は帰京し、自宅で隔離中という。