春高バレー、昨年男子Vの東山が不戦敗 選手に発熱者

新型コロナウイルス

[PR]

 バレーボールの全日本高校選手権(春高バレー)の大会実行委員会は7日、男子で前回優勝の東山(京都)の欠場を発表した。東山はこの日3回戦に臨む予定だったが、選手1人に同日朝、高熱が認められたため、実行委の判断で欠場を決め、不戦敗となった。発熱した選手1人はその後、PCR検査で新型コロナウイルス感染が確認された。

 東山はこの日朝、発熱した選手を宿舎に残して会場の東京体育館に入り、試合前の練習をしていた。実行委は発熱者を除いたメンバーで試合をすることも検討したが、メンバー全員が要観察となる可能性を考慮したという。

 大会事務局によると、「37度5分以上の発熱があった場合は、会場に入れない」というルールのほか、「チーム内にコロナ感染者が出たとしても、濃厚接触者でなければ試合に出られる」というルールがあるが、今回は保健所の対応待ちで、発熱した選手がコロナに感染しているかどうかは試合前の時点では分からなかった。事務局は「昨今の状況を見て、実行委が判断した」と説明している。今大会で、参加校に発熱者が出たのは初めてという。

 3回戦の対戦相手だった高松工芸(香川)の淵崎龍司郎監督は、「東山に勝ちたいと思ってやってきた。東山の分も勝ち上がりたい」と話した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]