米議事堂侵入、死者4人に 周辺でパイプ爆弾見つかる

ワシントン=香取啓介
[PR]

 米首都ワシントンの警察当局は6日、トランプ大統領の支持者らが連邦議会議事堂に突入するなどした混乱に関連し、銃撃された女性1人を含む4人の死亡が確認された、と発表した。銃撃された女性は議会内に侵入した後、議会警察に撃たれたという。米メディアによると、カリフォルニア州サンディエゴ在住の元米空軍の退役軍人で、トランプ氏の熱狂的支持者だったとしている。

 警察によると、このほかに議事堂周辺で女性1人、男性2人の死亡が確認されたという。「医療措置を必要とする緊急事態」だったとしているが、原因は明らかになっていない。

 また、議事堂近くの民主党共和党の全国委員会本部の建物それぞれでパイプ爆弾が見つかったという。警察によると、侵入事件に関連し、これまでに計52人が逮捕された。(ワシントン=香取啓介)