なぜ男の方がコロナで死ぬのか「免疫の老化」に男女差か

有料会員記事

市野塊
[PR]

 新型コロナウイルスに感染した場合、男性の方が死亡する確率が高い。そんな傾向が日本もふくめ、世界各国から報告されている。男女の「免疫の老化」の差が、関係しているらしい。

拡大する写真・図版新型コロナウイルスの重症患者を受け入れる自治医科大学付属さいたま医療センターの集中治療室(ICU)

男性の死亡率、女性の1.4倍

 厚生労働省によると、昨年12月28日までに国内で新型コロナに感染して亡くなった男性は1898人、女性は1214人。検査で陽性が確認された人に対する死亡者数を表す死亡率は、男性が1・6%なのに対し、女性は1・2%だった。

 英国などのチームは昨年12月、1~6月までに報告された約311万人分の症例を分析した。男女で感染の割合に統計的に意味のある差はなかったが、集中治療を受ける確率は男性の方が女性よりも2・84倍、死亡する確率は男性の方が1・39倍高かった(https://www.nature.com/articles/s41467-020-19741-6#Abs1別ウインドウで開きます)。

 男女の死亡率の違いは、過去の感染症でも報告されている。同じコロナウイルスを原因とする2002~03年に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)では、中国のチームが香港の約1800人の症例を調べたところ、男性の方が1・66倍死亡率が高かった(https://academic.oup.com/aje/article/159/3/229/79939別ウインドウで開きます)。12年に初めて確認されたMERS(中東呼吸器症候群)では、英国などのチームがサウジアラビアでの約430人の症例を調べると、男性の死亡率が52%だったのに対し、女性は23%だった(https://doi.org/10.2147/IJGM.S67061別ウインドウで開きます)。

 重症化のメカニズムとして指摘されるのが、男女の「免疫応答」の違いだ。

サイトカインの差

 ウイルスや細菌から身を守る免疫システムは、2段階で働く。まず生まれながらに持っている「自然免疫」が働き、次に感染によって得られ、攻撃力の強い「獲得免疫」が働く。

 免疫細胞からはサイトカイン

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら