【動画】阪神・淡路大震災から26年、あの日の満月の記憶=動画制作・西田堅一
[PR]

 「満月、見んの怖いなぁ」

 焼け野原になった神戸・長田にある南駒栄公園。

 当時28歳だったミュージシャンの中川敬(たかし)さんは、たき火を囲む人がそうつぶやくのを聞いた。

 差し入れの焼酎を飲みながら見上げると、丸い月が輝いていた。

 約1カ月前の1995年1月17日、神戸の街を激しい揺れが襲っていた。

 その日の空には赤く染まった満月が浮かんだ。満月は、恐れとともに人々の記憶に刻まれていた。

 中川さんの頭の中に、ある曲が浮かんだ。

 数日前、知り合いのミュージシャン山口洋さんから「一緒に曲を作らないか」と電話をもらった。彼はギター片手に、東京から大阪の家までやってきた。

 三線(さんしん)で掛け合い、出だしは1~2時間でできた。次に会った時に続きを作ることにして別れていた。

 「もっと大きな揺れが来るかもしれない」

 人々が、そう恐れて見つめる満月を歌にしよう。

赤い満月が植え付けた、恐れや悲しみ。「明るい一歩を踏み出せるように」。そう願って作られた曲は、のちに思わぬ広がりを見せていきました。

 中川さんは思いつくまま曲の続…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら