今川義元寄進の古面と「対話」 80年ぶりに赤鬼面新調

有料会員記事

床並浩一
[PR]

 愛知・東三河に春を告げる「豊橋鬼祭」は、安久美(あくみ)神戸(かんべ)神明社(愛知県豊橋市)で毎年2月に2日間にわたり開催される。最大の呼び物が、2日目に披露される「赤鬼と天狗(てんぐ)のからかい」だ。荒ぶる神(赤鬼)を武神(天狗)が懲らしめる。

 たくましい体ながら、滑稽なしぐさでからかう赤鬼、鎧(よろい)姿でなぎなたをかざして迫る天狗……。この両主役の面が、昨年、新調された。

 鬼祭は、神明社創建の940(天慶(てんぎょう)3)年以降に始まったと伝えられる。戦国時代今川義元から寄進されたとされる「古面」が今も神明社に残されており、かつては祭りでも使われた可能性がある。面は何度か新調されてきた。昨年は80年ぶりの新旧交代だった。

 新面の製作を託されたのが、京都市の能面師北沢美白さん(34)だ。

 嵐山に工房を構える北沢さん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら