平和願う「折り鶴」のキセキ 日米開戦80年に映画製作

[PR]

 広島で被爆し、多くの折り鶴を残して12歳で亡くなった故・佐々木禎子さんのおい、祐滋(ゆうじ)さん(50)=東京都中野区=が、ドキュメンタリー映画「折り鶴のキセキ(仮題)」の製作を始めた。日米開戦から80年となる今年12月にかけて製作を進め、作品を通じて平和を願うメッセージを発信したいという。広島への原爆投下を承認したトルーマン元米大統領の遺族の協力も得る予定だ。

 禎子さんは1945年8月6日、2歳の時に被爆し、10年後に白血病を発症し、亡くなった。入院中、自らの回復を祈り、薬の包み紙などで作った折り鶴は約1500羽にのぼった。

 祐滋さんは2009年、自身の父で禎子さんの兄・雅弘さん(79)とともにNPO法人「SADAKO LEGACY」を設立し、折り鶴を国内外に贈りながら平和の大切さを訴える活動をしてきた。13年秋には、米ハワイ・真珠湾の国立追悼施設アリゾナ記念館で開かれた式典で折り鶴を寄贈。トルーマン大統領の孫、クリフトン・トルーマン・ダニエルさん(63)の仲介で実現したという。

 1941年12月7日(日本時間8日)の旧日本軍による攻撃で、日米開戦のきっかけとなった地に折り鶴を寄贈することに反対する声が日本国内にはあった。日米間の政治問題につながり、平和の象徴である禎子さんのイメージを傷つける恐れがあるとの理由だった。

 しかし、祐滋さんは寄贈に踏…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

戦後75年特集

戦後75年特集

2020年は終戦75年の節目です。あの時のことを語れる人は減ってきています。まだ、間に合います。戦争を知る人々からのバトン、受け取りませんか。[記事一覧へ]