• アピタル

レムデシビル、中等症も使用可に 当面の配分は重症者へ

新型コロナウイルス

土肥修一
[PR]

 新型コロナウイルス感染症の治療薬「レムデシビル」について、厚生労働省は7日、これまで重症患者としていた使用対象を、肺炎がある中等症の患者にも広げると発表した。米製薬大手ギリアド・サイエンシズから追加の臨床試験のデータが出され、中等症の患者への有効性が確認されたためという。7日付で添付文書が改訂された。

 レムデシビルは日本への供給が限られており、現在、厚労省が薬の配分を管理。人工呼吸器や体外式膜型人工肺(ECMO〈エクモ〉)などを使う重症患者に対応する医療機関に配っている。厚労省によると、世界的な感染拡大もあり、国内への供給をすぐに増やすことは難しく、当面は重症患者のみへの配分を続ける。

 レムデシビルは昨年5月、新型コロナの治療薬として国内で初めて特例承認された。(土肥修一)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]