沖縄県で新たに66人が感染 クラスターは計86件に

新型コロナウイルス

[PR]

 沖縄県は7日、新たに66人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認者は延べ5683人となった。

 また、県はクラスター(感染者集団)について、これまで県が発表した49件以外に、非公表としていた事例が37件あり、計86件に上ることを明らかにした。家庭内での感染で公表することにより特定につながる懸念がある場合や企業といった限られた集団内での発生、また、クラスター確認時にすでに収束していた事例などは公表していなかった。県の担当者は報道陣への説明で、「感染拡大防止という目的で、啓発につながることを優先的に公表してきた」と語った。今後は公表のあり方を見直すことを検討している。

 また、在沖米軍からは7日、新たに嘉手納基地(嘉手納町など)の3人など4基地で計8人が感染したと報告があった。県のまとめでは、昨年7月7日以降、在沖米軍関係の感染確認は724人。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]