休業や閉店、困ったら…飲食業の働き手に緊急の相談窓口

新型コロナウイルス

志村亮
[PR]

 首都圏4都県への新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言を受け、飲食業界で働く人のための緊急の労働相談会が今週末、相次いで開かれる。営業時間の短縮要請で、休業や閉店が増えて、働き手が打撃を受ける恐れがあるためだ。

 個人で入れる労働組合「飲食店ユニオン」は9、10両日の午後1~5時に電話窓口(03・5395・5359)を設ける。同ユニオンは、飲食チェーンと交渉して、シフトが減ったアルバイトへの休業補償を引き出すなどの活動をしてきた。

 「全国一般東京東部労組」も、9日午前10時~午後5時に電話窓口(03・3604・5983または03・3604・1294)を設ける。事前予約の上での面談や、電子メール(info@toburoso.orgメールする)での相談も受ける。同労組は、すかいらーくやワタミで起きた過労死事件で遺族を支援した実績がある。(志村亮)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]