[PR]

 岐阜県は7日、新たに10歳未満から90代の男女91人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日に発表された感染者数としては過去3番目に多く、感染者数は延べ2785人となった。入院中の高山市の80代女性が亡くなり、死者数は計43人となった。

 県によると、新たに7件のクラスター(感染者集団)が発生した。年末年始に自宅や飲食店で親族や友人らと飲食し、感染が広がった事例が4件あったという。羽島市と可児市の男性2人は昨年末に関東地方に出張した際、酒を伴う飲食をし、その後、友人ら計9人が感染したという。

 羽島市の病院では、入院患者や職員とその同居家族計6人が感染。入院していた患者の感染が退院後に判明し、職員と入院患者約100人を検査した。利用者ら5人の感染が確認された関市の通所型介護施設、従業員9人が感染した関市の会社の事例も、それぞれクラスターと認定した。