岐阜県知事選告示 4氏届け出 論戦スタート

[PR]

 岐阜県知事選が7日、告示された。元内閣府大臣官房審議官の江崎禎英氏(56)、新日本婦人の会県本部会長の稲垣豊子氏(69)=共産推薦=、薬剤師で元県職員の新田雄司氏(36)、5選を目指す現職の古田肇氏(73)の4人が、いずれも無所属で立候補を届け出た。新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、24日の投開票に向け、17日間の選挙戦が始まった。

     ◇

 自民党は候補者を一本化できず、55年ぶりの「保守分裂」選挙となった。県選出の同党国会議員7人のうち6人と自民県議の半数が「新型コロナ対策の継続」などを理由に古田氏を推す一方、県連会長代行の猫田孝県議ら自民県議の半数は「多選による弊害」などを理由に江崎氏を支援する。

 古田氏の陣営は、新型コロナ感染拡大を受けて「まずは県民の命を守ることが最優先だ」と、県内5地区で開く予定だった出陣式を取りやめた。古田氏は同日午前9時、岐阜市内で記者会見。自民党県連会長の野田聖子衆院議員や岐阜市長らも同席した。会見後は県内を回る選挙カーの出発を見送った。

 江崎氏の陣営は同時刻、岐阜市内の事務所近くで出陣式を開いた。支持者ら約700人が参加し、大野泰正参院議員、山県市長、飛驒市長、笠松町長、垂井町長が姿を見せた。陣営はその後、大垣市羽島市美濃市でも出陣式を行い、投票を呼びかけた。

 稲垣氏は午前9時半すぎ、岐阜市内で街頭演説し、その後、選挙カーで同市内などを回った。

 新田氏は午前10時20分ごろ、県庁前で第一声。その後、選挙カーに乗り込み、支持を訴えた。

新しい未来 一緒につくる 江崎禎英(56) 無・新

 みなさんの恩に報いる唯一の方法は当選することだと思っている。55年ぶりの(保守分裂の)知事選、新しいことが始まる。

 自粛、自粛で経済は傷み日常が苦しくなっている。コロナは収束していない。大切なのは、コロナの性質を正しく知って、手洗い、消毒、マスク、正しいコロナ対策をすること。対策を作り、実証し、コロナを終わらせていきたい。コロナの不安を払拭(ふっしょく)するのは、我々自身の行動次第。一緒に新しい未来をつくりたい。

 コロナで変わってしまった日常、これは決して悲しいことではない。働き方も、学び方も、経済活動も大きく変わる。自然が豊かで食べ物がおいしい、文化、伝統のある岐阜県から新しい時代をつくりたい。人生100年時代が始まっている。お年寄りも生きがいを持ち、障害がある方も役割を持ち、女性も輝く社会にしたい。

困ってる人 一番に助ける 稲垣豊子(69) 無・新

 立候補表明後、県内各地を回って暮らしの大変さなどを聞き、私のやることは困っている人を一番に助けることだと実感した。

 まず県の税金の使い道を変える。豪華な県庁舎や必要の無いダムの建設でなく、正しいところ、必要な人にお金を回す。

 今のコロナの感染状況を招いたのは、国のいいなりの政治だったからだ。病院の統廃合を進め、ベッド数を減らしているのはおかしい。現場で働く看護師や介護職員を救うために、PCR検査の徹底と収入が減った人へ財政支援をする。

 子どもの医療費無料化の拡充、少人数学級の実現で子育て支援をする。コロナで仕事が減った小規模事業者に手当を出し、県内の食糧自給率も上げる。

 県政に女性の視点を入れ、多様な意見を県政に反映させる。一番弱い人から手当てをし、誰ひとり取り残さない県政をつくる。

安定した県政 県民の手に 新田雄司(36) 無・新

 県職員として11年間、環境行政に携わった。少子高齢化や公共施設の老朽化など幅広い課題に向き合い、県民目線、現場目線、庶民目線で取り組みたい。

 新型コロナの感染拡大は濃尾大地震、太平洋戦争に次ぐ最大の危機。緊急事態宣言特別警報と位置づけコロナ警報、注意報を入れた3段階警戒レベルを導入する。これは感染防止と経済活動の両立を行うためだ。今は時短要請などルール、基準があいまいなまま市町村に判断を委ねている。県民、事業者がどういう時にどう行動したらいいか情報発信を明確にする。

 コロナの先の未来をどうつくるか。子育てしやすいまち、誇れる仕事があるまち、安心できる福祉のまちの三つの柱を掲げた。

 これまで一部の有力者が候補者、県民置き去りで代理戦争を繰り広げてきた。政策を訴え、県民の手に安定した県政を取り戻す。

県民の命 何としても守る 古田肇(73) 無・現

 本来なら各地で出陣式を行うべきではあります。準備をし、お待ちしてもらっている多くの人におわび申し上げたい。

 年末に「医療危機事態宣言」を出したが、感染者の急増で医療供給体制がいよいよ危うくなってきている。色んな方々からこの状況の中で選挙ができるのかと心配してもらっている。万が一にも感染者が出るといけない。

 県民の命を守る観点から、もう一段踏み込んだコロナ対策を至急に講じる必要がある。このコロナ対策を最優先させていただいて、何としても県民の命を守るという私の所信を貫かせてもらいたい。

 コロナ禍でもあり、選挙のあり方も工夫する必要がある。県民に理解していただき、何としても勝たなければいけない。陣営の方に工夫をしていただいて最後まで一緒に戦い抜き、コロナにも打ち勝ちたい。