[PR]

 埼玉県の大野元裕知事は県の緊急事態措置の内容を説明した7日夜の会見で、「新型コロナとの闘いは正念場。(要請を)守っていただけなければ一人ひとりの努力が無に帰してしまいかねない。協力の先に守れる命があることを改めて強調したい」と述べた。

 また、営業時間の短縮要請を受ける飲食店などを念頭に「仮にクラスター(感染者集団)が発生する場合には、事業を通常通り行う日が遠のいてしまう。感染爆発の脅威を食い止めるためにも協力をお願いしたい」と力を込めた。(釆沢嘉高)