トランプ氏の即時罷免を要求、米下院議長「襲撃に関与」

有料会員記事

ワシントン=園田耕司
[PR]

 トランプ大統領の支持者が米連邦議会議事堂に乱入した事件をめぐり、民主党のペロシ下院議長は7日の記者会見で、ペンス米副大統領に対し、大統領を副大統領ら閣僚が罷免(ひめん)する手続きを定めた合衆国憲法修正25条を即時発動し、トランプ氏を罷免するように要求した。修正25条の発動がなければ、トランプ氏に対する2度目の弾劾(だんがい)訴追に向けて米議会として手続きを進める考えを示した。

 ペロシ氏は「扇動的な行為で、大統領は我が国と我が国民に対する筆舌に尽くしがたい襲撃に関与した」と述べて、数千人の支持者に対して議事堂まで行進して抗議活動を行うように呼びかけたトランプ氏を強く非難した。そのうえでペンス氏に対し「即座に修正25条を発動し、大統領の罷免を要求する」と述べた。修正25条第4項では、副大統領と閣僚の過半数が大統領を執務遂行が不可能とみなして議会側に通知すれば、副大統領が大統領代行を務めると定めている。

 修正25条4項は、過去に発…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら