[PR]

 新型コロナウイルスの感染者が激増し、再びの緊急事態宣言に至った日本について、英キングス・カレッジ・ロンドンの渋谷健司教授(公衆衛生学)は「英国の失敗をなぞっている」と指摘する。何が問題なのか、一時帰国中の渋谷教授に聞いた。

 ――昨春に続く再宣言をどう見ますか?

 宣言を出さざるを得ない状況に追い込まれた。できるだけ短い期間で終わらせるため、効果的な対策を実施する必要があります。

 「実質的なロックダウン(都市封鎖)」というくらいの対策を打ち出すべきです。国からの強いメッセージがなければ、宣言の効果も限定的になります。

 ――ロックダウンを実施している英国では1日6万人もの感染者が確認されています。

 もちろん規模に大きな違いがありますが、日本は英国の「失敗」をなぞっている気がします。

英国の「教訓」

 ――どういうことですか?

 経済を重視するあまり、感染対…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら