[PR]

凄腕しごとにん

拡大する写真・図版水沼貴裕工房長(左)は、スーツとして仕上げていくため、担当する部分だけでなく次の工程を考えた仕事をするように求め続けている=篠田英美撮影

エイワ 北本工房長 水沼貴裕さん(35)

 紳士スーツの国内工場は「絶滅危惧」の状態だ。国の統計によると、従業員4人以上の工場は79カ所(2018年末時点)。20年前の3分の1以下に減った。職人は高齢化が進み、若手が育つ場は少ない。

 そんな中、この5年間で、働き手の平均年齢が49歳から39歳に下がった縫製工場が埼玉県北本市にある。ビジネススーツの銀座英國屋(東京)の子会社、エイワの北本工房だ。工房長の水沼貴裕さん(35)は、5年で15人もの若手を採用して育成。今では、職人64人の半数を30代以下が占める。

 それを可能にしたのが「グループ縫製」だ。顧客の体形に合わせて作るフルオーダースーツは、かつては職人が1人で縫い上げる「丸縫い」が主流だった。ところが、複雑なスーツ縫製の全てに習熟するには時間がかかり、才能があっても10年で一人前になれるかどうかという。職人のなり手が減り、高齢化した原因ともされる。

入社1年で見込まれた腕

 そこでエイワでは、1973年…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら