アミメキリンのゴンタ20歳、天国へ 山口・徳山動物園

寺島笑花
[PR]

 山口県周南市徳山動物園で飼育されていたアミメキリンの「ゴンタ」が昨年12月29日に死んだ。20歳で、人間でいうと70歳ほどだった。園はキリン舎の前に献花台を設けている。

 12月19日ごろから右前脚をかばうようなしぐさを見せ、21日には立ち上がることができなくなった。電気治療などを施し、カシの葉や牧草を食べる姿も確認できたが、回復には至らなかった。

 ゴンタは2000年11月、広島市安佐動物公園で生まれた。03年に徳山動物園に移され、メスの「サクラ」との間に8頭の子をもうけた。(寺島笑花)