和歌山「那智の滝」、一部凍る 午前7時に零下2度記録

直井政夫
[PR]

 強い寒波の影響が広がった8日、和歌山県那智勝浦町の「那智の滝」(落差133メートル)の一部が凍っているのが確認された。滝のそばにある熊野那智大社によると、凍るのは2年ぶりだという。

 社務所の気温計は8日午前7時に零下2度を記録。水のしぶきが岩肌に凍りつき、滝つぼに白い氷が張った。午前9時ごろには、解け始めた氷が大きな音をたてて直径10メートルほどの滝つぼに崩れ落ちた。(直井政夫)