横綱・鶴竜が初場所を休場 「来場所、引退かける」

[PR]

 大相撲の横綱鶴竜(35)が初場所(10日初日、東京・国技館)を休場することになった。師匠の陸奥親方(元大関霧島)が8日、明らかにした。休場の多い鶴竜横綱審議委員会から、「引退勧告」に次いで重い「注意」の決議を受けた上で、初場所に出場するよう求められていた。

 陸奥親方によると、鶴竜から7日夜に腰のけがを理由に休場したいと連絡があった。陸奥親方は「(痛みは)本人しか分からないからどうこう言えないけど、『もう次はないよ』と(伝えた)。本人も『来場所(春場所)、引退をかけて頑張ります』ということだった」と話した。

 同じく「注意」決議を受けた横綱白鵬新型コロナウイルスの感染が確認され、初場所の出場が絶望的になっている。昨年秋場所から3場所連続で初日から横綱不在となる。