スペースジェット、20機キャンセル 米リース会社から

有料会員記事

初見翔
[PR]

 ジェット旅客機「スペースジェット」の開発を一時中断している三菱航空機は8日、米エアロリース社と20機分の受注契約を解除したと発表した。受注のキャンセルが明らかになったのは、開発の中断を発表した昨年10月以降初めて。

 契約を解除したのは昨年12月31日。両社はスペースジェットの開発再開のめどがつけば再契約に向けた交渉を始めるという。

 スペースジェットの受注残は計287機(基本合意を含む)。三菱航空機によると、現時点で他の納入先からキャンセルの意向は届いていないが、スペースジェット事業化の見通しが立たないなか、同様の動きが広がる可能性がある。

 エアロリース社は米マイアミ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。