大阪府、緊急事態宣言要請を正式決定 京都・兵庫と一体

新型コロナウイルス

[PR]

 新型コロナウイルス感染の急拡大を受け、大阪府は8日の府対策本部会議で、特別措置法に基づく緊急事態宣言を政府に要請することを正式に決めた。対象地域は府域全体とするよう求める方針。生活圏が同じ京都府兵庫県を合わせた3府県一体で、早ければ9日にも要請する方向で最終調整している。

 大阪府は対策本部会議で、大阪市内の飲食店などに11日まで要請している午後9時までの営業時間短縮について、緊急事態宣言が出るまで延長することも決定。府民には、すでに宣言が出ている東京など首都圏4都県との往来自粛などを呼びかけるとした。宣言が出た場合には、時短要請の対象を府域全体に広げ、午後8時まで前倒しする方向で検討することも確認した。

 吉村洋文知事は「首都圏で(感染者数は)右肩上がり。大阪圏も同じような感染拡大に入る可能性は高い。大都市圏でウイルスが広がりやすい特性、冬場の感染拡大の傾向を踏まえた時、危機意識は強く持つべきだ」と述べた。

 政府は7日、首都圏4都県に対する緊急事態宣言に合わせ、基本的対処方針で飲食店やバー・カラオケなどには午後8時までの時短営業を要請するとした。菅義偉首相は8日、宣言の対象に大阪府などを追加することについて「しっかり連携し、状況を確認した上で対応していきたい」と記者団に語った。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]