[PR]

 女性に薬を飲ませ、集団で性的暴行をしようとしたとして、20~50代の男3人が警察に逮捕された。捜査員が現場に踏み込み、すんでのところで被害を食い止めることができたのは、インターネット上の情報をきっかけにした、市民からの通報だった。(野崎智也、山本逸生)

 事件は昨年9月、関西地方の繁華街で起きた。現場となったのは雑居ビル内にある居酒屋。看板やのれんは今はない。

 逮捕されたのは、この居酒屋の店主(50)のほか、会社員(23)と介護職員(34)。お互いに面識はなく、インターネットの掲示板で知り合ったと警察はみている。

 関係者によると、事件前、LINEに「昏睡(こんすい)」という名前のグループがつくられた。当日、会社員が集合場所を伝え、こう呼びかけたという。

 「お店には僕とまだ意識ある女性が飲んでいるので、一般客のように入ってきてください。女性が眠ったら開始です」

 女性に差し出された飲み物には…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら