ラグビーは原則有観客で実施へ 販売済みチケットは有効

[PR]

 日本ラグビー協会の岩渕健輔専務理事は8日、オンライン会見を開き、緊急事態宣言で政府が示した制限を守りながら大会を開催していく方針を示した。一方で「安全安心を踏まえ、無観客試合にしなければいけない場合はちゅうちょなく対応する」とも述べた。

 当面の大会については、9日の全国高校大会決勝(大阪・花園ラグビー場)は予定通り無観客で実施。11日の全国大学選手権決勝(東京・国立競技場)は、販売済みの約1万7千枚のチケット保持者の入場が特例で認められたため、スタッフを増員するなど感染防止対策を強化した上で開催する。

 16日開幕のトップリーグも、販売済みのチケットは有効とする一方、今後は、収容人員の半数または上限5千人の範囲内で販売し、有観客で実施する。大学の試合も含め、販売済みチケットの払い戻しは受け付ける。

 日本代表の活動については、集合時に選手・スタッフともにPCR検査を実施して陰性を確認した上で活動しているが、今後もこの方針の下で、合宿などを行いながら強化する。岩渕専務理事は「私自身、スポーツやラグビーの活動は不要不急にあたらないと考えている。1日ごとに状況は変わる。政府や自治体の要請を守りながら対応していきたい」と話した。