[PR]

 ゆうちょ銀行は8日、貯金の不正引き出しに利用された「ドコモ口座」など他社の決済サービスとの口座連携について、13日から順次再開すると発表した。自行のプリペイド機能付きデビットカード「ミヂカ」は新ブランドに衣替えする。

 「メルペイ」「LINE Pay」との連携は13日に再開する。「ドコモ口座」など8サービスとの連携は、相手側の安全性も確認したうえで再開する。

 多くの被害が昨年9月に表面化し、本人確認手続きなどが不十分だったこれらのサービスとの連携は止めていた。

 自行の「ミヂカ」については、安全性が不十分だった送金機能や新たな申し込み、サイト上のチャージは再開しない。安全と判断した買い物やATMでの現金チャージなどは来年夏で終わりとする。代わりに、新ブランドのデビットカードを来年春に立ち上げる。詳細は今後詰めるという。

 ゆうちょ銀行は顧客の被害を長く放置し、3年以上補償しなかった例もある。昨秋の問題発覚後の情報公開や対応も遅かった。ドコモ口座の問題が表面化しなければ、被害対応はさらに遅かった恐れもある。

 経営陣は8日、同行の監査委員…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら