鈴木登紀子さん死去 96歳「きょうの料理」40年超

 NHKの「きょうの料理」などで活躍した料理研究家鈴木登紀子(すずき・ときこ)さんが昨年12月28日、肝細胞がんで死去した。96歳だった。葬儀は親族で行った。喪主は長男恭佐(きょうすけ)さん。

 青森県出身。自宅での料理教室が評判となり、46歳で料理研究家としてデビュー。季節の素材を大切にした家庭料理を得意とし、テレビや雑誌で人気に。「きょうの料理」の講師出演は40年を超え、明るい笑顔と語り口で「ばぁば」の愛称で親しまれた。80代後半から大腸がんなど大病をしながらも現役を貫き、料理教室は昨年3月まで続けた。

 著書は「ばぁばのおせち 健康と幸せを招く」「『ばぁばの料理』最終講義」など多数あり、若い世代に和食のよさを伝えることにも力を注いだ。