「死後まで公表しない」 機密文書、明かされた入手方法

有料会員記事

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 7日に死去した元ニューヨーク・タイムズ記者のニール・シーハンさんは、ベトナム戦争に関する米国防総省の機密文書「ペンタゴン・ペーパーズ」の入手方法を長らく語らなかった。ただ、ニューヨーク・タイムズによると、「死後まで公表しない」ことを条件に2015年にインタビューで語り、同紙は訃報(ふほう)とともに報じた。

 文書の入手先が、執筆陣の一人のダニエル・エルズバーグ氏だったことは、当時からわかっている。1969年に文書を秘密にコピーしたエルズバーグ氏は、マサチューセッツ州のアパートに置いていた。ベトナムで知り合ったシーハンさんに71年に鍵を渡し、「メモは良いが、複製はいけない」と伝えた。

 シーハンさんによると、エル…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら